イーワン大判ネットプリント「注文時のご注意」

HOME>お客様サポート>データ作成など

データ作成など

「フチ無し」「フチ有り」「原寸(拡大・縮小無し)」について

当サービスでの「フチ有り」と「フチ無し」、「原寸」についての基本的なプリント方法をご説明させていただきます。

フチ無し

「フチ無し」は画像やデータの拡大・縮小を行い、用紙の端部まで背景色や図柄がプリントされる手法です。

A判などとタテヨコ比率が異なるデジカメデータなどの場合、短い方で約3~4 mmに合わせはみ出させて印刷します。はみ出した部分は印刷されませんので、結果的にフチのないプリントが可能になります。

下はタテヨコ比1:1.33の場合、3:2比率のデジカメ画像では短辺が多目に切れます。

フチ無し

フチ有り

「フチ有り」の場合、画像やデータの拡大・縮小を行いすべての画像を切らずに最少部余白約3~4 mmを基準に用紙内に納めてプリントします。

ただしプリントサイズに対して原寸で作成されたPDF、アドビ・イラストレーターデータでは四隅に余白(4 mm以上)がある場合は縮小をせず原寸でプリントいたします。

フチ有り

原寸

『出力用データ寸法』が『注文指定用紙サイズ』より上下左右それぞれ8mm以上小さい場合や、上下左右にそれぞれ4mm以上の余白がある画像の原寸(画像やデータの拡大・縮小無し)サイズでのプリントをご希望の際は「原寸」を選択ください。

当サービスではアドビ・フォトショップなどにて画像寸法を確認いたします。

『出力用データサイズ』と『注文指定用紙サイズ』が同じ場合

例えば単純にA3用紙にA3サイズ画像をプリントしますとプリンタの仕様で上下左右3mm程度画像がカットされ余白が発生いたします。

ですので原寸出力ご希望で『出力用データサイズ』と『注文指定用紙サイズ』が同じ場合は、『出力用データサイズ』より一回り上の(【例】A1→A1ノビ)用紙設定でプリント後裁断(カット)いたします。従って上の例ではA1ノビ料金となりますのでご注意ください。

原寸

←ご注文時のご注意Topへ戻る